■町田

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2拍2日1550キロドライブの旅 1

スタッフ、娘、私の6人で四国 
香川県高松市に行ってまいりました。

申し遅れました、、、、。
車で、、、、。

10月16日 日曜日
さあ仕事が終わったぞ、、。
多少の不安を抱えつつ、四国を目指せ。

お客様のガソリンスタンドで
「ガソリン満タン」
「あとタイヤの空気圧チェックお願い」

スタンドスタッフ
「タイヤ痛んでますよーーー」
「どこまで行くンスカーーー」

私たち、多少はしゃいで
「四国高松」

スタンドスタッフ
「無言ーーーー」

覚悟を決めた私
多少ビビりながら
「換えてください、いくらになる?」

こうして、タイヤだけが異常に新しい
1550キロのドライブ旅行はスタートしたのでした。
スポンサーサイト

■山形県赤湯

9月最後のお休みで、講習会技術指導のお仕事
行ってまいりました、、、。

前は、良くいっていたんですよ。
ひと月に3回は飛行機乗ってましたからね、、。

最近は地方のお仕事ほとんどお断りして
趣味に没頭していました。

山登り、都内ウォーキング、お風呂、ジムワーク
美味しいもの探し、お墓参り、親孝行。
かみさんと充実したお休みを満喫しておりました。

今回もせっかくですが、お断りしようと思ったところ
電話の向こうから
「山形県赤湯ですが」
何、、、赤湯、、、温泉じゃないの、、、。

二つ返事で、「ハイ」返事は0.2秒

   行かせていただきます。

かみさんに話したら、私も行く、行く。
一泊してゆっくり温泉三昧。

ところが、、、、、、。
私一人つばさ105号で朝出発、つばさ120号で夕方帰宅の日帰り。
line

温泉はもちろん、満喫いたしました。
山形県赤湯の役員のみなさん、ありがとうございました。
とてもいーーい温泉でした。
また、日本酒、ワインのお土産まで頂戴して、
ありがとうございました。
beer

なぜ、一人で行くことになったか、、、。
本日のジャニーズ事務所、NEWSのコンサートのチケット
がとれちゃったからなんですよ。

そう、うちのかみさん、私との温泉旅行より、
コンサートを取ったということです。
今頃、応援の団扇とライトを思いっきり振って
「山ピーーーーーーー」

■偉大なり日本一の山、富士山


8月最後のお休みを利用して富士山に行ってきました。
行ってきました、、、、?
登ったんではないの、、、?

正確には車で四合目駐車場まで行き、五合目登山口から
六合目まで登り、お弁当タイム、下山しました。


実はここ3年ほど、「富士山登頂」が我が家の目標であり
なぜか合言葉となっていました。

三年前からのジム通いも、今年の「東京マラソン」参加
も目標達成の一環でした。

東京マラソン参加は、目標一本立ちとなりましたが、、。
(もちろん来年もエントリーしました、みなさんよろしくね、、)

今回は日曜日の仕事後のビールタイム、かみさんの一言
「明日、富士山に行こう」で、すべてが始まりました。

参加者はパパ、ママ、二女、四女
目指すは富士吉田口五合目駐車場。

ところが、富士スバルライン料金所には「五合目駐車場満車」の文字
途方に暮れながら登っていくと四合目周辺に奥庭自然公園発見。
迷わず散策。
われら家族の憧れの富士山をパチリ、、。
1
すぐに駐車場の規制が始まったので、四合目路肩駐車場に車を止め
登山靴、リックと装備を整え五合目登山口まで2キロの準備運動登山。

五合目登山口について人の多さにまづびっくり、、、。

時間はお昼の12時を少し回っていましたが、下山の達成感と疲労感でほこりまみれ
の人たちが約300人。
ガイド付きでこれから行くぞ、、、力があふれている人たちが約200人。
私たちと同じ、観光気分の人たちが約100人が入り乱れて、まあ賑やかなこと。
東中野銀座通りの盆踊りと、桜祭りと、秋祭り合計の10年分のにぎわいでした。

小御嶽神社で勝男木くぐりの左側に挑戦、お参りを済ませ登山開始。
2
3

最初の目標、泉ヶ滝を目指したら、すぐ到着。
最初は下りなんですね。
それもホコリッポイこと、、。
どおりで、下りてくる人たちがマスク着用?の意味がわかりました。

40分くらいで6合目到着。
4

軽快さは、四女、二女、パパ、、ママの順でしたが、今回はここで終了。
岩に腰かけ、お弁当タイム。
山で食べるおにぎり、、、うまし、、、。

「百聞は一見に如かず」
実際登山中の方たちの装備、とくに足回り。
ストック使い、ガイド付き登山の方の多さなど、実際に経験した価値は
大変貴重な体験となりました。

弁当タイム終了後、四女が山頂を見つめ一言
「途中までじゃなくてっぺんまで登りたい」
家族全員の目標を確認した1日となりました。



■山登り

DVC00025.jpg
高尾山に2度、筑波山に登山しただけの、新米登山夫婦が御岳に行ってきました。

道のりは、
御岳山から大岳山、鋸山を縦走。
鋸山林道を奥多摩駅までの14キロ、6時間の予定で出発。

東中野から青梅線経由で御岳駅、バスにて滝本ケーブルカー駅。
まづ草団子を2個購入、、、後のお楽しみ、、、。

ケーブルにて標高423メートルを6分で山頂近くまで駆け上がり(ケーブルカーで、、)
、、ここまでは楽勝、楽勝  (笑)。

山頂、武蔵御嶽神社でまづ草団子でやる気充電OK。
ワイフは、前日購入したストック2本に、悪戦苦闘しながらのスタートでした。

大岳山までは、岩場、クサリ場有りの登り下りを、日頃の夫婦生活を生かし?
助け合いながらの登山となりました。

道中、地図、標識を頼りで進みましたが、数か所同じ道幅、標識なしがありました。
相談しましたよ、、、夫婦で、、、。
私の判断で進み、、間違い、、、100メートルで引き返し、謝りました。

2時間大岳山山頂到着となりました。

nokogiri

大岳山から、鋸山までの奥多摩主脈縦走路。
確か本には、、、「平坦で歩きやすい尾根道が続く」

行ってみると、「滑落事故多し、注意」の看板。

ビビりました、、、。

新米登山夫婦には40センチ幅の登山道、
左は急な落ちたら、自力では這い上がれそうもない斜面

山はなめちゃいけませんね、、、。
一歩一歩、声を掛け合いながら進みました。

一時間ほどで景色が開け、緊張から解放され始めて空腹感やってきました。
古株に座り、手作りおにぎ、鳥の空揚げ、シュウマイ、卵焼き、パイナップル。
美味しかった、、、、、。

聞こえるのは、小鳥のさえずり、新鮮な空気、こぼれんばかりの新緑。
人っ子一人いない山道をチェックポイント
「大ダワ」目指して、もうひと踏ん張り。

DVC00029.jpg

大ダワ標識到着。
やっと計画通り山道にお別れするべく、鋸山林道に下山。

長い道のりでした、、、、。

そこで発見、、。
「熊が数日前に見かけられました、登るときは鈴を携帯し注意してください」。

思わず冷や汗、、、。

今下りてきちゃったよ、、、、。

実は「大ダワ」の看板から麓まで6.5キロ、2時間の下り坂。
そこから、奥多摩駅までバス停にして5個の道のりが待っていたことを
この時点では気づいていない、新米登山夫婦でありました。

次はどこの山に行こうかな、、、、。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。